玄黄庵入り口>>『THE COMPOUND OF ALCHYMIE』試訳>>復誦

  ここに翻出した詩は原題を『THE RECAPITULATION.』といい、その名の通り『十二の門』全章を概括したものです。
  各7行のスタンザ11連、全部で77行という非常に短い韻文であり、脚韻は『序誦』や『十二の門』と同様に、ababbcc形という形式で踏まれておりますが、詩脚は六歩以上に及ぶ箇所が多数あり、帝王韻律の範疇に入れるには些か無理があるかもしれません。

  尚、この『復誦』に登場する「図像」とは、この詩編と共に伝えられて来たある円形の図絵を指しています。この図像は一般に『リプレイの車輪』と呼ばれ、(内容は版によって若干異なるものの)所々に『十二の門』と呼応する詩歌が英語及びラテン語で書き込まれております。その形は中世ヨーロッパの宇宙図を彷彿とさせ、「我らが学問は《地上の天文学》である」というリプレイの言葉を裏付けている様に見えます。

→『リプレイの車輪』を別ウィンドウで表示する

【復誦】
THE RECAPITULATION.

『THE COMPOUND OF ALCHYMIE』収録
ジョージ・リプレイ(Sir George Ripley)著  山田砌:訳    最終更新日:2015.11.27
【原文】 【日本語試訳】
1.
For to bryng thys Tretys to a fynall end,
And brevely here for to conclude these Secretts all,
Dylygently loke thou, and to thy Fygure attend:
Whych doth in hyt conteyne these secrets grete & small,
And yf thou conceve both Theorycall and Practycall:
  By Fygures, and by Colors, and by Scrypture playne,
  Whych wyttely consevyd thou mayst not work in vayn.

2.
Consyder fyrst the Latytude of thy Precyous Stone,
Begynnyng in the fyrst syde notyd in the West,
Where the Red Man and the Whyte Woman be made one,
Spowsyd wyth the Spryts of lyfe to lyve in love and rest,
Erth and Water equaly proportyond, that ys best;
  And one of the Erth ys good and of the Spryts thre,
  Whych twelve to fowre also of the Erth may be.

3.
Thre of the Wyfe and one of the Man then must thou take,
And the lesse of the Spryts there be in thys dysponsation,
The rather thy Calcynatyon for certeyne shall thou make,
Then forth into the North procede by obscuratyon;
Of the Red Man and hys Whyte Wyfe callyd Eclypsation:
  Losyng them and alteryng betyxt Wynter and Vere,
  Into Water turnyng Erth darke and nothyng clere.

4.
Fro thens by colors many one into the Est assends,
There shall the Mone be full apperyng by day lyght;
Then ys she passyd her Purgatory and course at an end;
There ys the uprysyng of the Son apperyng whyt and bryght,
There ys Somer after Vere, and day after nyght:
  Than Erth and Water whych were so black be turnyd into Ayre;
  Than clouds of darknes be overblowyn & all aperyth faire.

5.
And lyke as the West begynnyng was of the Practyse,
And the North the parfyt mene of profound Alteratyon,
So the Est after them the begynnyng of Speculacyon ys;
But of thys course up in the Sowth the Son makyth Consumation
Ther be thy Elements into Fyre turnyd by Cyrculacyon:
  Then to wyn to thy desyre thou needst not be in dowte,
  For the Whele of our Phylosophy thou hast turnyd abowte.
1.
扨(さて)も此れなる書物をば 結びへとぞ至らしめ、
此れなる秘術 悉く、此処に調(ととの)え結(かた)ぬれば、
汝(なれ)は偏に心して 絵図に眼(まなこ)を凝らすべし。[1]
術(すべ)が秘密の悉く 絵図に孕まるる故に。
此れなる絵図は、明らけき 形や色や言葉以て、巧みに表すが故に、
理(ことわり)と行(ぎょう) 何れとて 汝は真(まこと)に悟りなん。
然(さ)れば汝(な)が労(いたつ)きは、よも泡沫と散り果てじ。

2.
先ずは貴き汝が石の 緯度をこそ考えよ。
其は西に記されし 第一の場に始まれり。
彼処こそは紅(くれない)の 男(おのこ)と白き女(おみな)との
結ばるる処にて、
生命(いのち)の精を仲人に、睦まじく共寝せん。
大地と水と釣り合いて 等しく成るが善かれども、
一つなる大地には、三(み)つなる霊こそ正(まさ)しけれ。
即ち、大地四(よ)つならば、霊は十二と成る故に。

3.
斯くて一人の男へと、三人(みたり)の妻を妻合わせよ。
此れなる契りが間(あわい)には、聖霊は身を潜めれど、
然(しか)るが故に確やかに か焼(かしょう)こそ為すべけれ。
次いで北へと進み行け。赤き夫と白き妻、
身を隠せるに至るまで。即ち、此れぞ「蝕」なれば。
冬過ぎ春の来たるまで、躯(むくろ)を溶かし、改めよ。
暗く濁りし水へとぞ 大地をば変じつつ。

4.
彼処より東(ひむかし)へ、錦の色を纏いつつ、偏に昇り行きたれば、
やがて金烏(きんう)に照らされし 満ちたる月の現れぬ。
斯くしてぞ煉獄の 闇を抜けたる月代(つきしろ)の、
此処に旅路を終えたれば、
やがて眩き太陽の 東雲(しののめ)に現れぬ。
春去りて夏来たりなば、夜去りて後、朝来たる。
斯くして黒き地と水の 大気へと化したれば、
暗雲の払われて 朗々と明くるなり。

5.
扨も行を始めしは 西の方なる故に、
北は深き変容の 中つ処に等しくば、
即ち沈思を始むるは 東の地に他ならじ。
然れど旅路の南(みんなみ)に 陽(ひ)は頂(いただき)を極むれば、
此れにて汝が四元素(しげんそ)は、循環に依り火と化さん。
然(さ)すれば最早、汝が望み、必ずや成就せん。
我らが哲理の車輪をば 反(かえ)して転じたる故に。
6.
But yet ageyne turne abowte two tymys thy Whele,
In whych be comprehendyd all the Secretts of our Phylosophy,
In Chapters 12 made playne to the if thou conseve them well;
And all the Secretts by and by of our lower Astonomye,
How thou Calcin thy Bodys, parfit, dissolve, devide & putrefie:
  Wyth parfyt knowledge of all the polys whych in our Hevyn ben
  Shynyng with colors inexplycable never were gayer sene.

7.
And thys one Secrett conclusyonal know thou wythouten fayle,
Our Red Man teyneth not tyll he teynyd be;
Therfore yf thou lyst thy selfe by thy craft to avayle,
The Altytude of thy Bodys hyde & show out theyr profundyte,
In every of thy Materyalls dystroyyng the fyrst qualyte,
  And secundary qualytes more gloryose repare in them anon,
  And in one Glas with one governaunce 4 Naturs turne into one.

8.
Pale, and Black, wyth falce Citryne, unparfyt Whyte & Red,
Pekoks fethers in color gay, the Raynbow whych shall overgoe
The Spottyd Panther wyth the Lyon greene, the Crowys byll bloe as lede;
These shall appere before the parfyt Whyte, & many other moe
Colors, and after the parfyt Whyt, Grey, falce Citrine also:
  And after all thys shall appere the blod Red invaryable,
  Then hast thou a Medcyn of the thyrd order of hys owne kynde Multyplycable.

9.
Thow must devyde thy Elixer whyte into partyes two,
After thou rubify and into Glassys let hym be don,
If thou wylt have the Elixers both for Son and Mone do so;
Wyth Mercury then hem Multeply unto gret quantyte sone:
Yf thow at the begynnyng had not as much as wold into aspone,
  Yet moght thou them so Multeply both the Whyte & Red,
  That yf thou levyd a thousand yere they shold the stond in stede.

10.
Have thou recourse to thy Whele I councell the unto,
And stody tyll thou understond eche Chapter by and by,
Medyll with no falce Fantesys, Multeplyers, let them go,
Which wyll the flatter & falcely sey they are connyng in
Phylosophye,
Do as I byd the and then dyssolve these foresayd Baces wyttely;
  And turne hym into parfyt Oylys with our trew water ardent,
  By Cyrculacion that must be don accordyng to our entent.
6.
然れども汝は車輪をば、更に二度(ふたたび) 転ずべし。
斯くて我らが哲学の あらゆる秘密 孕みたる、
十二の章に明されし 秘密を確と悟りなば、
やがては地上の天文が 秘密とても勝ち取らん。
肉体をか焼しつ、改め、溶かし、分解し、腐らしむる術 為すは、
即ち、万(よろず)の理が 全き知識の扶けなり。
妙理が柱は天に立ち、 奇(くす)しき彩に輝けど、
地上の冥き眼(まなこ)には 絶えて触れたる事ぞ無き。

7.
斯くして汝は必ずや、終(つい)の秘密を勝ち取らん。
即ち我らが紅の 男を腐敗せしめねば、自ずから腐るまじ。[2]
然れば此れなる技を以て 事を成さんと望みなば、
躯が高度 隠しつつ、深度 表に出だすべし。[3]
あらゆる汝が質料の 初めの性質(さが)を壊しつつ。
然る後には忽ちに 第二の性質を弥増して 麗しく修むべし。
一つの硝子器が内に、一つの統治に依りてこそ、
四つを一つの性質とせよ。

8.
蒼き色に、漆黒に、玉響の檸檬色、全からぬ白と赤、
錦(にしき)彩なす孔雀の尾、虹が綾とて其に如かず。
斑の豹に、緑の獅子。鴉が蒼き嘴は 鉛が色に然も似たり。
此れなる色は白妙と 数多の色に先ずれど、
然る後には穢れ無き 白妙と灰の色、檸檬色とて現れぬ。
全ての後に常磐なる 血潮の真紅 来たりなば、
斯くして汝は第三の 裔(こはな)増さるる薬得ぬ。

9.
汝は白き霊薬を 二つへと分かつべし。
而して赤化したる後、二つの器へ分け入れよ。
太陽と月 何れをも 増す霊薬を得んとせば、
水銀を以て忽ちに 嵩を強(したた)か殖やすべし。
始まりこそは一匙も 汝は持たざる身なれども、
紅白何れが霊薬も いとも豊かに増しなんや。
縦や千歳(ちとせ)を生くとても、猶も汝が身を扶く程。

10.
然るが故に、汝に告ぐ。彼(か)の車輪をば因(よすが)とし、
十二の章を学びては、術を漸う心得えよ。
邪なる夢語り、増やし屋共に係わらず、何れとても払えかし。
彼奴らは汝に諂いて、然も哲理が知識をば 帯ぶるが如く装わん。
我の告げたる如く為し、
此処に述べたる原質を いとも巧みに溶かすべし。
次いで我らが正真の 燃ゆるが如き水を以て 全き油と化せよかし。
斯くて我らの望む如、循環を以て為し遂げよ。
11.
These Oylys wyll fyx crude Mercury and convert Bodys all,
Into parfyt Sol and Lune when thou shalt make Projeccyon,
That Oylysh substance pure and fyx Raymond Lully dyd call
Hys Basylyske, of whych he made never so playne deteccyon,
Pray for me to God that I may be of hys eleccyon:
  And that he wyll for one of hys on Domys Day me kene,
  And graunt me in hys blys to reygne for ever wyth hym, Amen.

Gloria tibi Domine.

11.
此れなる油は粗悪なる 水銀を固むるに、投入を為したらば、
全きソルとルナへとぞ 如何なる躯(むくろ)も変ずべし。[4]
彼の浄くして不変なる 油の如き物質は、レイモンド・リュリをして、
バシリスクとぞ呼ばしめど、彼の師は其が秘密をば、
終に明かさざりにけり。[5]
天なる主へと祈れかし、我を哀れみ給えとぞ。
世の終わりには、我をしぞ 民と看做し給いては、
主が許しにて永久(とこしえ)に 統治せしめ給えとぞ。

主よ、御身に栄光あれ。


【訳注】

[訳注1]絵図〈Fygure〉とは、この詩と共に伝わる『リプレイの車輪』の図を指す。[戻る]

[訳注2]原文の動詞〈teyneth〉(三人称単数現在形、過去形は〈teynyd〉)の意味は不明。ひとまず動詞〈taint〉の方言(或いは〈tinct〉のスペルミス)と判断したが、全く異なる動詞の可能性もある。猶、1591年ラバーズ版では、この行は下記の通りになっている。〈Our red man teineth not, nor his wife, til they teined be,〉 [戻る]

[訳注3]ゾーシモスも、その断片「乾燥について(Peri; xhrivou)」に於いて、三次元の物質が持つ「長さ、幅、深さ」の概念に触れている。しかし此処では作業の物質の「旅路」について書かれているため、「高度、緯度、深度」とした。この三つの「相」に関しては、『第二の門』の11連にも言及がある。猶、ゾーシモスの断片については、こちらのサイト『Barbaroi!』にて邦訳が公開されている。[戻る]

[訳注4]ソルとルナ〈Sol and Lune〉は、ローマ神話における太陽神ソル月の女神ルナ。前者はギリシャ神話のアポッローン、後者はアルテミスと同一視される。此処では、比喩的な意味での「黄金と銀」を表していると思しい。[戻る]

[訳注5]「レイモンド・リュリ」及び「バシリスク」については、『ジョージ・リプレイよりエドワード四世への書簡』の訳註を参照のこと。[戻る]

玄黄庵入り口>>『THE COMPOUND OF ALCHYMIE』試訳>>復誦(↑ページトップへ)
  Copyright©2009-2015 山田砌,All right reserved.
inserted by FC2 system